山歩組=来年の候補地と取組

今年は「この指止まれ」に対して、取組方が判らない人もいらっしゃった様子です。

今年の後半からは、来年からの山行企画を積極派組を中心に計画段階から詳細を調査組立しつつ、本当に行きたい人だけで催行する方法も良いと思われます。

そんな意味では、健脚組と弱歩組それぞれの分科会の「部室」に集まって、語り合いながら詳細を調査組立し、気の合うグループ単位でイベント・アップし催行することが進めやすいですよね。

さて、今年はいろんな候補地が浮上したが、積極組によるイベントアツプしか対応出来なく年末を迎えるえ、冬山シーズンの凍結となります。大切なことはこの冬山凍結期間こそ、新緑の山歩に備えた山行企画の重要な企画検討の期間だと思いませんか?

▼僕からの候補地提案▼
尾瀬・百名山(武尊山/日光白根山/至仏山/皇海山)・男体山・赤城山・谷川岳等は、参加組・曜日単位にグループが、催行の優先順位を固め展開しましょう!!



このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事