ネットセキュリティに女性会員増=既存記事も再掲載

首都圏健歩会では、コミュの健全運営化(安心・安全・信頼)を重視し、被害者の駆け込み寺的存在の「ネットセキュリティ」(シークレット・コミュ)で対応しています。

今迄、相談窓口が知れて無くヒッソリ状態でしたが、昨今の女性被害者からの相談窓口に入会頂き、メンバーも増え、生々しい「声」が交わされるのは、自分達女性被害者による仲間達専用の「井戸端会議的」な存在であるからでしょう。

会員制シークレットコミュ(入会審査方式)であるから、会員で無い人達からは、全く閲覧は不可能なシステムであるから、加害者からも閲覧されることもなく「安心・安全・信頼」の原則があるから「自由闊達」に同じ境遇の仲間達と語り合えるのです。

今迄、テータベースとして、保管していた実例も、暇々に再投稿し、被害者の人達に閲覧頂き、どんな実態で何が問題であるのか?

類似の被害者が増えない様にするには、どの様に対応すれば良いのかも語り合うことが可能です。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事