今度はG+での拡張性を展開してますよ!!

作成されたGoogle Bloggerの情報とGoogle+との情報のコネクト(リンク)等によって、更なる閲覧層の拡大化とイベント(コミュ・オフ会)参加者の参確率を高められる。

実例#1
今迄、G+には存在しなかったが、データベースの活用化により、既存蓄積データを機械的にG+側に自動更新させた実例です。
https://plus.google.com/u/0/114699084619218709747/plusones

実例#2
コミュニティの健歩会[首都圏g+]には、どの様に反映されているのか?
手打ちすること無く、既存蓄積データを機械的にG+側に自動更新させた実例です。
https://plus.google.com/communities/104415575340930404740

実例#3
参加者募集の公募実例
越生五大尊つつじ公園他散策
https://plus.google.com/events/cuh9pj9k6jsjp0l8f54vd7o3dq8

★タカヤンの毒舌論★
SNS3社対比からのシステム解析・調査は次第に拡大化し、現在は17社に及んでいます。
現職中は中型機や大型機の時代だった。定年退職後10年が過ぎ去る中では、完全に遊びココロによる活用研究と趣味の楽しみですね。


TwitterからFacebook更にG+のデータの有効活用化と広がったのです。
一度蓄積したデータは、付加価値情報として徹底的に再活用することがどの程度可能か?<各社の違いに対してどのような策で対応させるか?
トライする楽しみもあるからです。
Twitter・Facebook・G+のコミュで、自慢の山歩や街歩及び旅歩等の日記と写真を掲載し非対面のバーチャル友を増やすのみに徹している程度のことに固執する人も多い中で、僕のコミュは現在460名を超えイベント回数も月4~6回開催していると、リアルの対面対話では会員様達による人間関係のトラブルもゼロでは無い。サークルの運営管理に対する生き様等、投稿者が避けることも異色的なホーム・ページやブログで投稿し続けています。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事