★緊急策の手続依頼★5/26早稲田学食と都電バラ鑑賞

今朝は、5/26早稲田学食と都電バラ鑑賞に対して、バラの見頃が過ぎた場合の対応策として、5月19日(火)に開催への対応策を施し、既に参加申込なさっている人達個々人宛てミニメで案内を行った。

何故、一斉配信が使えなんの?と他社SNSの管理になら誰しも思うでしょう!!

先日の野田醤油工場見学が対応不可能で、代替策をアサヒビール工場見学に対応する時も同様な問題であったのです。

根本的なことは、某社のSNS事務局システムの最大の欠点です。
一斉配信の利用可能期間は、イベントの開始日時の14日前については利用出来ない条件だからです。

旅行ツアーや大人の工場見学等等では、数ヶ月前からの予約制となっています。
イベントアップは常に早く対応して参加者の募集を行っています。
問題とるのは、14日前にイレギュラーが発生した際に対応策に困るのです。

ミニメで対応なさったらとおっしゃるが、4名程度なら何とか対応可能だが、大勢の参加者がいる場合、多大な労力と時間を費やしストレスと怒りが込み上げて来るのです。
では、何故掲示板で行えない無いのかとおっしゃるが、掲示板のアラート機能は、コメント欄にご当人が書込がされて無い限り通知機能も動作しないのです。

イベント書式にも開催日時の変更は再作成と定められています。
お天気等やツアー予約に伴う変更の場合、当然開催日時の変更は伴うのです。
でも、mixi等と違って臨機応変に訂正処理が許されない為、再作成し再募集の際に参加者には二重手間が要求されることになります。

某社のSNS事務局システムはリニュアル化の都度、融通性が失われmixi対比で柔軟性が失われ使いづらさが益々表面化しているのです。

その他実例
事務局のシステムがリニュアル化毎に、柔軟性対応が欠落し、イベントの主催者側も運営管理の対応に「苦悩」しています。

イベント画面で地図はYahooを使わせるが、今回の改定で「Yahoo路線」はエラーが発生し、ご案内のリンクアドが利用不能です。
代替策でGooに切替えたが使いづらいです。

その他、えっ!!何こんなコメントが出るの!!
コメントに電話番号やメールアドレスなど、禁止事項に該当する恐れのある文字が含まれています。
[実例]
◆興風会館
http://loco.Yahoo迄だったらエラーとならないが、
その後に、.co.jpと入力するとエラーととなる。
サーキット・サーチエンジンを導入するのは良いが、
エラーメッセージの表現が不適切ですよね。

今回のリニューアル化で、コミュ欄の本文説明を訂正するとき、非常に小さい文字で表示されるから、訂正入力に「苦悩」しています。

訂正後の確認画面で、あの文字配列で表示されても確認不可能と怒らないので、不思議ですね。

中高年層のSNS ですから、事務局は利用者「無視」する策ではナンセンスですよね。収益の強行策しかやらない方式に変貌したのでしょうかね。
困ったものですよ。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事