東芝製PCWin-7のリカバリー後の試験運用

現在メインで使っているPCはWin-8.1だが、PCWin-7は臨時作業(構築ソフトやアプリの試験や検証等)に使っています。

時々、遅い・起動しない等のトラブルが発生するので、一旦バックアップを行なった後、フォマット処理を施し、リカバリーを行なった。

この東芝製PCWin-7のPCは、元のOSがWin-Vistaの製品ですから、一度Win-Vistaをインストールした後、Win-7アップ版をインストールするから作業労力と時間が費やされた。

今日は、リカバリー後の試験運用作業を、午後から夕刻まで実践運営の中で試したが、何等問題点も無く完動していた。

もう一台はXPマシンがあるが、こちらはリナックスのOSによる、アプリの動作確認や検証等)に使っています。

タブレットは外出先での連絡用となっています。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事