指定掲示板の復活

(1)結論
指定掲示板の廃止を復活しました。


(2)経緯
皆様達から、改善の「声」等を頂き改定に踏み切りましたが、既に困った人達の「声」や困惑のご意見及び手続の煩雑さから他コミュに鞍替えする人達や無言で去って行く人がいらっしゃるようです。そのことは、首都圏健歩会のイベント参加率でも一目瞭然です。

事務やイベント等の諸手続きに対するシンプル化は果たして如何なものでしょうか?
元を正せば事務局のリニュアル化後に、矛盾した欠点が浮上しているからでしょうね。


(3)検討事項
多数決で決定することにします。

トピックス・カテゴリ[開催案内]を、今後の運営で「廃止化賛成」の人は、下記のコメント欄で遠慮無くお申し出下さい。

「廃止化賛成」が総会員数の3割の数を超えた場合には、「開催案内」を停止します。


「廃止化賛成」が総会員数の3割の数割れの場合には、「開催案内」を継続します。

新ルール=イベントのトップページには、リンク先の案内は行いません。
「開催案内」の掲示板での書込等は参加者の自由とします。
(参加者各自の自己責任主義とします)


(4)仮改定実施後の感想
一気に掲示板を廃止する策を試したら、混乱したことは事実ですね。
参加者の中には、今迄、気にもしなかった点が、現実に廃止されたら、今迄が便利で重宝だったことを改めて、認識なさってましたね。廃止され困ってますから、復活して欲しい声もありました。
掲示板の反応で対応します。

市役所の届け制サークルと違って、定款も総会もないのですから、試行錯誤で対応するしかありませんよね。
掲示板での回答なさる人は数名でしょう。

既に、新改定でイベントアップが開始され、参加者も混乱の中で、困惑なさってミニメ・掲示板・伝言板の使い方もマチマチにお寄せい頂いています。
その対応で多大な時間の負担増となって困っています。

イベント開催数が多く、参加者が多い場合、個々人宛にミニメ配信は時間と労力に余裕がありません。
一斉配信と掲示板の有効利用に依存するしかありません。
その判断は、オフ会の主催者(イベント・アップ者)の判断に委ねることにするしか対応策はありませんよね。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事