「情報の共有化」に対する基本的心得が大切だよね!!

某SNS社の利用者達も「身勝手」に対応なさっていることを数多く散見しますが、現実に発生した実例です。

<内規>
イベントの参加・不参加は、自己責任で的確に「参加者専用伝言板」で参加者達と情報の共有化の書込返信なさって下さい。不参加でしたら、イベント画面を開いて「キャンセル」手続を自己責任でなさって下さい。
主催者の依存心は謹んで下さい。

<実例>
下記のメッセがLINEに届いてました。

事務局から数十通のアラートが配信されています。
スマホをお持ちでしたら、PCと同期設定なされば、
その案内はスマホで逐次着信し閲覧可能です。

事務局の今回の改訂では、某SNS社の利用者達もイベントに参加なさっている人で、アラート通知を着信した人は「参加者専用伝言板」で書込返信するシステムを採用しています。
LINEで返事しなさいとは一言も定めてないのです。そんな対応を主催者と個人的に行っていたら、「参加者専用伝言板」で参加者同士の情報の共有化は果たせ無く、参加者全員に迷惑が及び今回の事態=参加意志再確認で「催行条件に満たないから中止」になるのです。

-----------------------------
00:24

すみません!
今趣味人を見ました。行くつもりだったのに、また手続きしなくてはならなかったとは知らなかった。
すみませんでした。
今、集合場所や持ち物を確認しようとパソコン開けたところでした。
すみませんでした。m(_ _)m



このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事