母95歳の入院中と介助--1

座布団10枚のコメカキコなさった低脳人は、介助者の気持も知らず、管理人に反骨精神で述べたが、その後ナメクジでは卑怯だょね。

母は肝臓ガンです。オフ会の主催で何時も気になるのは、危篤の知らせです。


お早う御座います。
昨日は障碍者マラソン練習会の無償ボランティア活動の後、母(95歳)が入院している病院で介助を終え夜遅く帰宅しました。

本日は「8/21Sun夏の風物詩=清瀬圧巻ひまわりフェステ」のオフ会主催・引率日で、お天気情報と開花情報では、「ひまわり観賞」楽しめますよ!!

お天気情報 2016年08月21日04:00発表
今日 08月21日(日)日中「晴曇」、夜21時小雨
降水確率0%--20%、降水量0(mm/h)
最高33℃--最低24℃

開花情報  08月20日(土)
写真の通り開花してますよ!!

ひまわりシリーズ
過去に神奈川県「座間のひまわりフェスタ」も開催しました。
帰りには、米軍座間基地で日米盆おどり親善が基地内で開催されるから立ち寄った。
ゲートではリュックとボティー検査は、飛行場でのチェックより厳しく、自動小銃の2名の軍隊が非常に怖かった。

オフ会を終えたら、いつものマラソン練習会コース(清瀬街道==>小金井街道)を走りたいが、夕刻の介助時間に間に合う様にバスに乗車します。

肝臓ガンで、余命3年と医師から告げられ、入退院を繰り返してます。
オフ会最中には何時も電話のベルに怯えるのは「危篤」の知らせです。
絶対間に合わない。今こそ、母の食事中等の介助時間が唯一親孝行の時間だと思って、病院に通う日々です。
父は80歳で他界した。危篤の知らせを受けたのは「単身赴任」先の千葉県・印旛から早退届けを提出し、八王子の大学病院に到着したが既に息を引き取って安らかな顔に思わず、親不孝した時の思い出が真っ先に大粒の涙が・・・・・



このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事