VIP会員に関する質疑応答の纏め

>優先権が有るので、VIP会員になった方が良いですよね。
(返事)その通りです。
<1>VIP会員は、VIP会員達と候補地を選び、日程とコースを語り合って決まれば、ご一緒に参加出来る予約制のイベントです。
<2>イベントの募集もVIP会員が最優先です。
<3>欠員救済でもVIP会員が最優先です。

>イベント申し込み順ではなく、VIP会員達に優先権があると言う訳ですね?
(返事)
VIP会員その通りです。つまり、VIP会員の人達は自分達の仲間と候補地選び・開催日時・コース等時間と労力を費やして、組み立てますから、努力もなさらない人達が我先に参加なされば、誰しも腹が立ちますでしょう。
だから、優先順位のルールに基づき的確・迅速に行えるシステムを確立したのです。

>お手数お掛けしますが、今一度、その項目が出ている場所を教えて下さい。
(返事)
◆新体制の有志会に関する質問
のページを閲覧なさって下さい。

>今、イベント参加承認され、名前が載っている方達は、皆さん、VIPでいらっしゃるのですか?
(返事)
下記の3点が主なものです。
<1>VIP会員のみ限定条件付きもあります。
<2>募集定員に空席があれば、追加増員を行うものもあります。その場合VIP会員が優先し、次に非VIP会員の参加も可能です。
但し、募集人員の限界を超えたら打切りとします。
<3>諸事情により緊急臨時増員募集もあり得ます。

>イベントの集合場所や時間は、実施日間近になったら、たかやんさんからメールか掲示板などに連絡が来るのでしょうか?
(返事)
結論
◎イベントの告知事項◎
に記述され他コミュ対比で、優れた方式を採用しています。

<1>事務局のシステムの弱点は、VIP会員にはチャットモドキ機能で逐次一斉配信によりご報告しています。事務局の制限は撤廃した方式です。更に事務局が廃止した「ガラ携」の情報機能も備えて、LINEグルの欠点も補ってます。
しかし、非VIP会員者は事務局の基本条件通りの範疇のみとなります。

<2>事務局の配信回数以上に、指定掲示板方式の採用化により、ご挨拶等一言書込者には、事務局のアラート機能をフル活用して、逐次御案内しています。
但し、ご挨拶等一言書込をなさらない人は「自己責任」である点は説明責任で述べています。つまり、自己放棄者にまで、事務局のアラート機能は作動しないのです。

<3>開催前日の21時迄に参加者宛に「必読最終案内」の一斉配信を履行しています。

以上
首都圏健歩会 管理人=たかやん



このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事