緊急時の連絡網の強化の再検討も必要

緊急時には、ガラ携から主催者宛の連絡方法は、首都圏健歩会[一般室] >話題一覧 >管理人からのお知らせや話題一覧 > Q&Aで下記の対応をお願いしていました。

しかし、今回の諸問題点を改めて、再構築化と周知徹底策が必要となりました。

▼今迄の策▼

<1>参加なさっているイベントの指定掲示板コメント欄に書き込み連絡する。

<2>主催者宛にCメールで連絡する。

<3>緊急用に準備された主催者用のホーム・ページの指定掲示板等で連絡する。

<4>ガラ携の要請(会員制専用掲示板の構築)は実現化しました。
特徴=非会員は絶対に閲覧・書込は出来ない。
http://smcb.jp/_bt01?topic_id=2014394

▼補足説明▼
ご承知の通り、某SNS社の事務処理規定では、メアドや携帯番号の書込は禁止されています。更に「ガラ携」の情報サービスを打切ったのです。
事務局にも改善要望を依頼しても規定で駄目との旨。

そこで「付加価値ツール」で対処する策に限ることで、他コミュが着手困難な対応策を用意しましたが、利用者が少ないのが現状です。

●ガラ携者の緊急暫定策●
システム保守構築には、多大な時間を要するし、明日の開催イベントに即対応させることも必要なので、下記の方法で試して観ることにした。
主催者は事務局ルールに従って、主催者の「電話番号」は参加者に一斉配信で連絡済みであるから、参加者の電話番号は主催者に登録がない限り参加者宛に緊急対応は不可能です。
そこで、参加者は主催者の「電話番号」宛に、催行日の前日にCメールで「明日参加します」○○○です。宜しく。となさって頂ければ緊急事態の時に、主催者は参加者宛に連絡することが可能となります。
参加者各位が主催者に連絡を入れるか否かは各自のは自己責任として、主催者は「無視」もやも得ない=連絡方法の対応にも限界だからです。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事