過去1年間で参照元のランキング解析結果

街歩・山歩[関東・首都圏]News
全期間の参照元サイトの閲覧構成率

smcb.jp--36.41%--36.41
abe107.jugem.jp--14.15%--50.56
google.co.jp--13.59%--64.15
a-ha.sns-park.net--8.52%--72.67
happyslow.com--6.76%--79.43
b.hatena.ne.jp--5.14%--84.57
eeg.jp--4.93%--89.50
ameblo.jp--3.94%--93.44
blog.with2.net--3.45%--96.89
kenpokai.grupo.jp--3.10%--99.99


タカヤンの苦口辛口論
タカヤンは解析統計学が好きだから、リサーチを徹底的に行うのです。

皆様達は上記の解析結果から、何をかんじましたか?
統計解析でパレート手法をご存知ですよね。
上位3位が全体の主要を占めるのです。
上記の実例だと、
smcb.jp--36.41%--36.41
abe107.jugem.jp--14.15%--50.56
google.co.jp--13.59%--64.15
3位迄で全体の64%を占めているのです。
裏を返せば、投稿戦術としても労力軽減化と効率的に攻めの作戦の重点先は当然上位3社となるのです。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事